移動支援


移動支援事業とは、障害者自立支援法に基づく事業で、「障がい者等が円滑に外出することができるよう、障がい者の移動を支援する事業」とされており、外出の支援が必要と認められる方(重度訪問介護、同行援護及び重度障がい者等包括支援の受給者は除く)に対して、移動支援サービスの提供により、障がい者の自立の促進および生活の質の向上等を図ります。

img_idoushien

なお、このホームページに記載している移動支援事業の内容については、大阪市における取扱いとなりますので、事業を実施する市町村で取扱いが異なります。

サービスの対象者

大阪市内在住の在宅の障がいのある方で、外出の支援を必要と認められる次に示す者。
[ただし、個別給付事業の重度訪問介護、同行援護、重度障がい者等包括支援の受給者は除く。]
※平成21年9月1日より移動支援事業と行動援護事業の併給ができるようになりました。

  1. 1.重度の盲ろう者(児)
  2. 2.知的障がい者(児)
  3. 3.精神障がい者(児)
  4. 4.施設入所している全身性障がい者
  5. 5.重度の全身性障がい者(児)

サービスの内容

社会生活上必要不可欠な外出及び余暇活動等社会参加のための外出とし、原則として1日の範囲内で用務を終えるものに限る。

ただし、次に該当する内容については、サービスの対象外とする。

  1. 1.通勤、営業活動等の経済活動にかかる外出
  2. 2.通年かつ長期にわたる外出
  3. 3.社会通念上適当でない外出

利用者負担額

利用者負担額一覧

30分あたり 94円(平成24年4月サービス提供分から)
1時間あたり188円(平成24年4月サービス提供分から)

月額負担上限額一覧(平成22年4月サービス提供分から適用)

世帯種別 利用者負担上限月額

  • 生活保護受給世帯 0円
  • 市町村民税非課税世帯 0円
  • 市町村民税課税世帯 3,000円

基本的な仕組み

  1. 1.移動支援サービスの利用を希望する者は、区保健福祉センター(保健福祉課)に対し、移動支援費の支給申請を行ってください。
  2. 2.区保健福祉センターは、支給を行うことが適切であると認めるときは、申請を行った者に対して移動支援費の支給決定を行います。
  3. 3.移動支援費の支給決定を受けた者は、大阪市へ登録を行った事業者との契約により、支給決定時間の範囲内で移動支援サービスを利用します。
  4. 4.移動支援サービスを利用したときは、
  • ・利用者は事業者に対し、定められた利用者負担額を支払っていただきます。
  • ・大阪市は、移動支援サービスの利用に要する全体額から利用者負担額を控除した額を移動支援費として事業者の請求に基づき支払います。
idou_shien_image