サンアクアの職場ご紹介


一部のスタッフの心の声

心に壁がなく障がい当事者の私が普通に溶け込んでしまう場所。
初めての仕事で、たくさんの戸惑いもありましたが5年がたちました。

泣いたり笑ったりの日々ではありますが、とても充実しています。
仕事もプライベートも毎日が充実した日々を感じてもらえる職場です。

障がい当事者であり相談支援専門員 西川扶美子

相談支援専門員 西川扶美子

社員一人一人の意見をちゃんと聞いてくれる社長、何でも皆で話し合って決めていけるとても風通しの良い社風だと思います。

未経験だった私も周りの温かさに支えられ今に至っています。

障がいのあるなしに関係なく、常に一緒に向上していける仲間たちです。

サービス提供責任者 T.S

超面倒くさがり社長のもと、全てのスタッフが一丸となって福祉総合支援センターサン・アクアを支えてくれております。超がつくほど面倒くさがり社長だからこそ無駄な仕事は増やさない、効率を第一に考え、仕事が片付き、時間が余った状況には社会通念上、上司の顔色を伺いながら無理に仕事を作って仕事をしている様に見せることなど弊社では考えられません。

本当に忙しい時にフル回転してもらえるように忙しくない時にはリフレッシュして忙しくなった時にいかにミスなく的確に効率よくこなせるようにシステム作りをしていただいております。下手をすると一日中ミーティングと称してティータイムに明け暮れている時も(とほほほ)

オープンして5年がたちますが未だに残業や休日出勤もありません。

ただ、弊社でこれだけは厳しく徹底しているということが一つあります。
それは、スタッフ同士での陰口や悪口、またその場に居ない人を批判するような話をしてはいけないということ。

残念ながら過去にはそういったことをする職員・スタッフもいましたが、事実を確認したうえで厳重な処分も行いました。
社内の人間関係が悪くなる大きな要因は一部の人が陰口を話したりすることで社員同士が攻撃しあったりするようなことが発端であることが多いんです。
常に経営者から全スタッフまでがオープンで何でも話し合える職場環境づくりを何よりも大切に考えています

もし何か問題点があるのなら事務所にて職員や上司がいる前で提案や対案・代案を提示して自分の意見を公に発言してください。
弊社はそれが可能な職場です。

これが福祉総合支援センターサン・アクアの最大のアピールポイントです。

代表取締役 高山義敦

高山義敦